rss
私立高校進学・入試ガイド

大谷高等学校(京都)


 所在地  京都府京都市東山区今熊野池田町12
 共学校/ハンドボール部  女子
 指導者  石川加奈子(41才・大体大出)
 担当者  石川加奈子、梅垣道行(入試広報部長)
 問い合わせ先  TEL:075-541-1312/FAX:075-541-1327/URL:http://www.otani.ed.jp/
 スポーツ推薦  女子
 スポーツ特待  あり
 受験手続き期間  事前審査:12月上旬、受験出願:1月中旬
 スポーツ推薦日程  2月10日(金)
 公立校との併願  不可
 寮・合宿所  なし
 備考  随時問い合わせを

 

たゆまぬ努力、向上心 高い進学率にも要注目

 

一昨年、インターハイ初出場を果たし、昨年はセンバツ初出場に続き、2年連続出場のインターハイで2勝をマークと、進境著しい大谷。

今夏は府予選3位に終わったが「たゆまぬ努力、たゆまぬ向上心」のモットーどおり、マネージャーを含む3人の3年生がチームを引っ張り、最後まで諦めずにがんばった。

今春の志願者数も2865人と京都で最多の人気を誇り、希望進路、目的に応じた3つのコース・クラスが用意されている学校で学ぶハンドボール部員は、将来、社会に出て貢献できる人となれるよう、日々、自分磨きに励む。

特進のバタビアコースは、国公立大学から難関私立大学進学を希望する生徒が対象のコースだが、学業と部活動の両立に励む生徒も多く在籍している。インテグラルコースは、学業と課外活動を両立させ進路実現と学校生活の充実をめざす生徒が対象。毎年、指定校、協定校、AO入試で進学する生徒も多く、コースとしての進学決定率は96%という数字を残している。

今春、ハンドボール部から2人が国公立大に進学するなど、勉強とハンドボールの両立を実現。進学後にプレーを続ける卒業生も多く、山名綾(関西大)、内田沙良(立命大)、内田沙里、月野寧々(龍谷大)、柴田万緒(日体大)、梅垣綾乃、山口幸笑(京教大)と7人が関西・関東リーグで活躍中。青山紗弓選手(日体大→広島メイプルレッズ)のように日本リーグでプレーする卒業生も送り出している。

「本校には、何事にも安心して挑める環境があります。ハンドボールが好きな人、自分の可能性に挑戦したい人は、ぜひ大谷高校へ。いっしょに日本一をめざしましょう!!」と石川監督。

ますます進化するチームで挑戦したいと感じた人は、推薦基準や特待生制度の詳細なども含め、石川監督に問い合わせを。