rss
私立高校進学・入試ガイド

立命館守山高等学校(滋賀県)


 所在地  滋賀県守山市三宅町250
 共学校/ハンドボール部  女子
 指導者  武田憲樹(57才・中京大出)
 担当者  横江川貢、武田憲樹
 問い合わせ先  TEL:077-582-8000/FAX:077-582-8038/URL:http://www.ritsumei.ac.jp/mrc/
 スポーツ推薦  女子
 スポーツ特待  なし
 受験手続き期間  10月7日(金)~12月13日(火)必着
 スポーツ推薦日程  2月6日(月)
 公立校との併願  不可
 寮・合宿所  なし
 備考  受験手続き期間は、推薦入試出願資格確認書の提出期限。推薦入試は事前の書類審査で出願資格が認められた者のみ、出願を受け付け。出願期間は1月13日(金)~1月20日(金)正午必着

 

人間力を養成しながら多彩な進路へはばたく

 

立命館大学の附属校として開校から10周年を迎えた立命館守山。90%を超える生徒が多様な学部から進路を選択したうえで立命館大学に進学できるのは高大一貫の学校ならでは。おのずと大学卒業後の進路も幅広く選択できるのが強みだ。

同校では文理融合教育と、確かな人間力を身につけて大学へ進学する教育コンセプトのもと、実験やフィールドワークなどの理科教育に力を入れ、体育祭や文化祭などの学校行事やソーシャルワーク・インターンシップなどを通じて、コミュニケーション力や対人能力を高める教育が行なわれている。スポーツも勉強も仲間といっしょの取り組みもがんばる。それがスクールカラーだ。

前身の守山女高時代から何度も全国大会に出場し、2024年の滋賀国体に向けた強化拠点校に選ばれたハンドボール部の卒業生も全員が立命館大学に進学。中には2012年の第4回世界ユース選手権代表の藤岡美紀選手(3年)や今春、藤岡選手に続いて入部した上田瑞乃選手(1年)など、関西1部リーグでプレーを続けている選手もいる。

守山女高時代から多数の人材を輩出し、現役選手、OG、父母からの信頼も厚い武田憲樹監督の指導のもと、ハンドボール部で培った競技能力と持続力、集団性や対人能力などの人間性と、文理融合の高い学力は、スポーツ健康科学部や生命科学部、薬学部などへの進学を可能とし、体育教師、スポーツ系の研究者、企業(トヨタ自動車、東京海上)などの多彩な進路実績へとつながっているのも目を引く。

「自分に打ち勝ち、汗を流し、仲間と涙する日々が、自立心と社会性、豊かな人間性を育む」と人材を育てる気概にあふれる武田監督。その指導と10周年を機に、さらなる前進、進化を感じさせる恵まれた環境での3年間は、将来に直結する貴重な時間となるはずだ。