rss
私立高校進学・入試ガイド

北陸高等学校(福井)


 所在地  福井県福井市文京1-8-1
 共学校/ハンドボール部  男女
 指導者  男子・志々場修二(68才・日体大出)、男子・福村正巳(49才・大体大出)、男子・高井慶治(57才・北陸高出)、HP担当・佐藤卓也(35才・法大出)、トレーナー大谷尚史(35才・宇都宮大出)
 担当者  志々場修二
 問い合わせ先  TEL:0776-23-0321、090-3292-8194(志々場携帯)/FAX:0776-28-7780
URL:http://www.hokuriku.ed.jp/
 スポーツ推薦  男女
 スポーツ特待  あり
 受験手続き期間  随時問い合わせを
 スポーツ推薦日程  随時問い合わせを
 公立校との併願  可
 寮・合宿所  志々場総監督宅
 備考  普通科:普通コース、進学コース、特別進学コース/商業科:情報処理コース

 

全国から精鋭が集まり頂点をめざせる好環境

 

1880(明治13)年創立以降、文武両道でトップをめざす建学精神のもと歴史と伝統を築いてきた北陸。国公立大学へ毎年120人前後の現役合格者を出し、各大学への指定校推せん枠も約180校と進学状況もめざましい。

「ひとつのことを求める君が好き!」がモットーのハンドボール部は、今夏で31年連続出場のインターハイで優勝3回、準優勝2回、3位3回、センバツも優勝・準優勝各4回、3位2回、国体も優勝2回、準優勝3回と輝かしい戦績を誇る強豪。

OBには山本興道さん(大体大→大崎電気=ソウルオリンピック代表)、荒尾祐治さん(日体大→大崎電気→青森・野辺地高監督)、南保智史さん(日体大→福井商高監督)、岩元成憲さん(金沢大→羽水高女子監督)、谷口了さん(日体大→元Honda)、志々場祐太さん(日体大→羽水高男子監督)、東川泰斗さん(日体大→啓新高)、村田竜馬さん(日体大→足羽高)、高木尚さん(日体大→元大同特殊鋼)、生川岳人さん(日体大→同コーチ)らが顔を揃え、地元の北陸電力には神田友和(中大卒)前監督、前田亮介監督や岩永龍哉、小川俊(日体大卒)、池上直輝(高松大卒)、成田有智(中京大卒)選手が所属。本年度より宮田起成(中京大卒)、久保博貴(北陸高卒)両選手も新加入した。

さらに平子卓人、藤江恭輔、杉本翔選手(いずれも日体大卒)が大同特殊鋼、平子健人(日体大卒)、柴山裕貴博(大体大卒)選手が大崎電気、加藤佳樹さん(明大卒)が豊田合成(スタッフ)と、国内最高峰で活躍中だ。

学生界では大橋慶、笹川泰平、友兼尚也、細川智晃、中村剛、平子脩人、大谷由岐也(日体大)、田中圭(筑波大)、木村辰吉、中野尚、宮下貴司、山﨑智之(中大)、西方聖、瀧太一(日大)、升澤圭一朗(慶大)選手らが関東へ進み、関西では牧野誠也(大体大)、藤澤拓也(関西大)、三浦巧真(龍谷大)、谷口魁(同大)選手らが活躍中。東海でも白石裕恒、高橋駿介(中京大)、林秀哉(愛知大)、苅谷亮汰(愛教大)選手らが「北陸」の名をアピールしている。

今春も大橋要(日体大)、川﨑駿(日大)、山川慎太郎(中大)、田中雄舞(東海大)、首藤佑哉(桐蔭横浜大)、染井凌二(東洋大)、林靖之、田中元樹(中京大)、城一成(愛教大)、二村雄大(愛知学泉大)など、多くの卒業生が全国に巣立った。

また、現在、日本代表のトレーナーとして寺尾邦仁さん(法大→ながい接骨院)も活躍中。田中良さんが日体大大学院で学び、明木源(国士大卒)、村田哲郎(日大)ペアは、レフェリーとして、今年もU-22東アジア選手権でジャッジを担当と多方面に人材を輩出している。

志々場修二総監督が福井県協会副会長も兼務し、2年後の地元国体に向け低年令層の普及、拡大に力を注いできたのをはじめ、松山定裕さん(安居ブルーサンダー)、田中秀昭、手塚勝さん(北陸電力ブルーロケッツ、今年の全国小学生大会で初優勝)、村田直也さん、増田貴茂さん(湊チャフリーズ)、寺沢学さん(大飯ジュニア)らOBが小学生チームの指導、育成に尽力するなど、次世代につなげていく気概にあふれているのも北陸ならでは。

先輩たちに続けと、志々場総監督の自宅を改築した合宿所での共同生活で力を磨く北陸セブン。ハンドボール専用フロアがあり、JOC強化指定施設にも認定されている体育館(HTC=北陸トレーニングセンター)もフル活用できる国内屈指の好環境でハンドボールに打ち込んでいる。

生活面からきっちり指導をする福村正巳監督(北陸OB→大体大→Honda)、元韓国代表コーチで韓国テクニックを注入する洪徳顯コーチ(慶熙大→鏡月酒造)、GK指導を担当する高井慶治コーチ(北陸OB)、大谷尚史トレーナー(宇都宮大→アスレティックトレーナー)、HP担当の佐藤卓也さん(法大)と選手たちをサポートするスタッフの息もピッタリ。

全国から集まった精鋭と競い合い、この手で日本一をつかみたいという熱い心の持ち主には、絶好の環境が整っている。