rss
私立高校進学・入試ガイド

昭和第一学園高等学校(東京)


 所在地  東京都立川市栄町2-45-8
 共学校/ハンドボール部  男子
 指導者  酒井博史(41才・日体大出)、鈴木雅文(32才・早大出)
 担当者  酒井博史
 問い合わせ先  TEL:042-536-1611、090-8463-0290(酒井携帯)/FAX:042-537-6880
URL:https://www.sdg.ed.jp/
 スポーツ推薦  男子
 スポーツ特待  あり
 受験手続き期間  1月16日(月)
 スポーツ推薦日程  1月22日(日)
 公立校との併願  可
 寮・合宿所  なし
 備考  スポーツ特待、スポーツ推薦の相談は随時受け付けます。
普通科(特進コース、総合進学コース)、工学科

 

ついに壁を破り全国へ 勢い充分な魅力の舞台

 

「高下在心」(良くなるも悪くなるも自分の心がけ次第)をモットーに力をつけ、今夏、ついにインターハイ初出場を決めた昭和第一学園。

校内に専用コートを持ち、週に1、2回は体育館での練習を実施。さらには専属トレーナーがいて、学校所有のマイクロバスで他県へも積極的に遠征といった好環境と酒井博史監督、セブンの意欲が1つになっての悲願達成だった。

普通科(特進コース、総合進学コース)と工学科ともに進学率が高く、将来に役立つ資格取得にも積極的に取り組むのが昭和第一学園の校風。

早大、中大、法大、東京理科大、首都大、山口大などに合格者を出し、ハンドボール部からは高橋和(国士大)、新野祐太、清水将貴(桐蔭横浜大)、渡辺優太、平野竜希、佐藤哲平(駿河台大)、小川航平、森脇友之、阿部祥平(関東学院大)、篠崎睦(青学大)、桂田草一郎(成蹊大)選手が関東の各大学に進学している。

全国初出場で勢いづき、進学への意識も高いこの学校の環境は、将来に大きな夢を描く中学生に大きな魅力だろう。

「ハンドボールを真剣に熱く取り組みたい中学生は、できるだけ早く連絡をください」と酒井監督。スポーツ推薦の基準や特待制度など詳細も含め、まずは酒井監督に連絡を。