rss
  • Home  »   » 
    • アルゼンチンが2大会ぶりの優勝 パンアメリカン男子選手権結果
News

アルゼンチンが2大会ぶりの優勝 パンアメリカン男子選手権結果


グリーンランドが舞台となって6月16日(現地時間)から行なわれてきた第18回パンアメリカン男子選手権は、24日に大会最終日を迎え、アルゼンチンがブラジルを破りチャンピオンに輝きました。優勝したアルゼンチンをはじめ、準優勝のブラジル、3位のチリまでが来年1月にデンマークとドイツで開催される第26回世界男子選手権に出場します。

大会には12チームがエントリー(キューバが大会直前に棄権したため、11チームが参加)。1次リーグは2組に分かれて総当たりで戦い、上位2チームが準決勝に進みました。A組はアルゼンチン、前回大会準優勝のチリが他チームを圧倒して準決勝へ。B組は大会連覇をめざすブラジルが5戦全勝、そしてもう1枠は、地元のグリーンランドが勝ち取りました。

アルゼンチン(A組1位)-グリーンランド(B組2位)、ブラジル(B組1位)-チリ(A組2位)のカードになった準決勝は、それぞれアルゼンチン、ブラジルが快勝を収めました。

決勝ではアルゼンチンが前半から先行し、13-8で後半に折り返すと、リードを活かした試合運びを見せ29-24で2大会ぶりに大会を制覇しました(通算7回目)。世界選手権出場をかけた3位決定戦(グリーンランド-チリ)は接戦に。60分間で決着つかず延長戦にもつれる激戦になりましたが、最後はチリが突き放し39-36で制し、世界大会行きの切符を手にしました。

 

【大会結果】(準決勝以降)
・準決勝
アルゼンチン 39-17 グリーンランド
ブラジル 32-24 チリ

・3位決定戦
チリ 39(延長)36 グリーンランド

・決勝
アルゼンチン 29(13-8、16-16)24 ブラジル

 

【最終順位】
1:アルゼンチン
2:ブラジル
3:チリ
4:グリーンランド
5:カナダ
6:ウルグアイ
7:プエルトリコ
8:グアテマラ
9:コロンビア
10:ペルー
11:パラグアイ
※参加予定だったキューバは大会前に棄権