rss
  • Home  »   » 
    • 開催国スペインと同組に 世界男子ジュニア組み合わせ
News

開催国スペインと同組に 世界男子ジュニア組み合わせ


7月にスペインで開催される第22回世界男子ジュニア選手権の組み合わせ抽選が21日に行なわれ、2大会ぶりに出場する日本はA組に入り、開催国のスペインなどと戦うことになりました。

昨年開かれたアジア男子ジュニア選手権(オマーン)で準優勝に輝き、2大会ぶりの世界ジュニア出場を決めた日本男子ジュニア代表は、第5シードに入りました。そして抽選の結果、 スロベニア(第1シード)、セルビア(第3シード)、チュニジア(第4シード)、アメリカ(第6シード)と同じA組へ。残る第2シードの開催国スペインが、4グループの中からA組を選び、組み合わせが決まりました。

世界ジュニアは7月16日から28日にかけて開催されます。弊誌『スポーツイベント・ハンドボール2019年7月号』(6月20日発売予定)で、日本ジュニア代表メンバーの紹介や大会の展望を占います。

 

【世界男子ジュニア組み合わせ】

A組:スロベニア、スペイン、セルビア、チュニジア、日本、アメリカ
B組:フランス、エジプト、スウェーデン、ナイジェリア、韓国、オーストラリア
C組:ポルトガル、クロアチア、ハンガリー、ブラジル、バーレーン、コソボ
D組:ドイツ、アイスランド、ノルウェー、アルゼンチン、デンマーク、チリ