rss
  • Home  »   » 
    • ヒュンメルが熊本復興チャリティーユニフォームを発売
News

ヒュンメルが熊本復興チャリティーユニフォームを発売


11月30日に開幕する熊本世界女子選手権でもフィシャルサプライヤーを務めるスポーツブランドのhummel(ヒュンメル)が、大会PRと、開催地・熊本の震災からの復興を後押しするための復興ユニフォームを作製。

10月21日から、オフィシャルHP(コチラから)で先行予約を開始しています。全国のスポーツショップでは11月初旬から限定発売されます。

Kumamoto_hand1

Kumamoto_hand2

ヒュンメルが作成した熊本復興チャリティーシャツ(提供画像)

 

今回の復興チャリティーユニフォームについて、ヒュンメルは

左胸には大会公式シャツであることを表すIHFロゴが入り、胸にはヒュンメルのブランドミッションであるChange the World Through Sport”(スポーツを通して世界を変える)を入れ、チャリティシャツであることを表しました。右袖には、「がんばろう熊本」の文字、背面の襟下部には、「2016.4.14 PRAY FOR KUMAMOTO, JAPAN」」と刻んでいます。

大会の盛り上げに加え、2016年4月14日に発生した熊本地震から3年になろうとする今、大会に合わせて、忘れられがちな現地の情報をニュースとし、国内外で発信することや子どもたちにスポーツに親しみ、笑顔になってもらう取り組みを行うことを目的に、このチャリティシャツを発売します。ヒュンメルは、このシャツの収益を使って、2020年4月に熊本の子どもたちとハンドボールを通じた交流イベントを実施します。

と発表しています。