rss
  • Home  »   » 
    • 【Dグループ】ポット上位陣が順当に勝利
News

【Dグループ】ポット上位陣が順当に勝利


◆日本 24(14-10、10-10)20 アルゼンチン

マッチレビューはコチラから

 

◆ロシア 26(13−6、13−5)11 中国

日本戦のあとに行なわれた第2試合では、リオデジャネイロ・オリンピック女王ロシアと中国が対戦。立ち上がりにフロロワ、セン、フォミナの3連打でロシアが好スタートを切った。中国GK楊雨柔の好セーブに苦しむ場面がありながらも主導権は握り続け、26-11と貫禄を見せつけた。中国は9月末の東京オリンピック・アジア予選後にデンマーク人のイェンセン監督が就任。新たなスタートを切ったばかりということもあり、まだチームとしての粗さが見えた試合となった。

 

◆スウェーデン 26(11−8、15−8)16 コンゴ民主共和国

11月30日のD組最終戦となったのは、スウェーデンとコンゴ民主共和国のカード。前半の立ち上がりは身体能力、そしてパワーに優れるコンゴ民主共和国が、エース・エムワセサを中心に持ち前のフィジカルで相手を翻弄した。さらに、GKエンガンモグネ・オドレがファインセーブを連発して波に乗ったが、徐々にスウェーデンがテクニックで上回り始める。とくに、ポスト・ラーゲルクヴィストが巧みなコントロールで味方からのパスを確実にゴール、7mTへとつなげる活躍を見せ、コンゴ民主共和国相手に26-16と初戦を勝利で飾った。

スウェーデンはパスをつないで得点へと結びつける技術力の高さを発揮した(写真はPlayer of the matchのラーゲルクヴィスト)

スウェーデンはパスをつないで高確率で得点へと結びつける技術力の高さを発揮した(写真はPlayer of the matchのラーゲルクヴィスト)