rss
  • Home  »   » 
    • 来年1月の世界男子選手権出場32チームが出揃う
News

来年1月の世界男子選手権出場32チームが出揃う


来年1月13日から31日までエジプトで開催され、日本男子代表・彗星ジャパンも出場する第27回世界男子選手権。

今大会から出場チームが過去最多の32チームへと拡大されますが、その出場全チームがようやく出揃いました。

もともと、新型コロナウイルスの影響で大陸予選やプレーオフが延期、中止になる大陸もあり、出揃うまでに時間がかかっていました。

最後まで残ったのが中南米の第4代表。中南米予選の4~7位によるプレーオフを行なうことになっていたものの、コロナ禍で延期続き。それでも11月4~7日に開催することが決まってましたが、直前でコロンビアが辞退するなど最後まで混迷が続き、最終的にプレーオフ自体が中止となり、国際ハンドボール連盟(IHF)理事会の決定により、予選4位だったチリへと出場権が渡されました。

出場チームと1次リーグの組み合わせは以下のとおり。

【1次リーグ】
グループA
ドイツ(ヨーロッパ)
ハンガリー(ヨーロッパ)
ウルグアイ(中南米)
カーボ・ヴェルデ(アフリカ)

グループB
スペイン(ヨーロッパ)
チュニジア(アフリカ)
ブラジル(中南米)
ポーランド(ワイルドカード〈主催者推薦枠〉、ヨーロッパ)

グループC
クロアチア(ヨーロッパ)
カタール(アジア)
日本(アジア)
アンゴラ(アフリカ)

グループD
デンマーク(前回優勝、ヨーロッパ)
アルゼンチン(中南米)
バーレーン(アジア)
コンゴ民主共和国(アフリカ)

グループE
ノルウェー(ヨーロッパ)
オーストリア(ヨーロッパ)
フランス(ヨーロッパ)
アメリカ(北米カリブ海)

グループF
ポルトガル(ヨーロッパ)
アルジェリア(アフリカ)
アイスランド(ヨーロッパ)
モロッコ(アフリカ)

グループG
スウェーデン(ヨーロッパ)
エジプト(開催地、アフリカ)
チェコ(ヨーロッパ)
チリ(中南米)

グループH
スロベニア(ヨーロッパ)
ベラルーシ(ヨーロッパ)
韓国(アジア)
ロシア(ワイルドカード、ヨーロッパ)