rss
  • Home  »   » 
    • JHLプレーオフ・男子は出場チームが出揃う
News

JHLプレーオフ・男子は出場チームが出揃う


3月5、6日に第14週を消化した日本ハンドボールリーグ(JHL)は、男子のプレーオフ出場4チームが出揃いました。
また、女子は3チームまでが決まり、残る1席は最終週の直接対決にかかることに。

 

【男子順位】(14週終了時点)
1:大崎電気 13勝1分1敗 勝点27 順位確定
2:トヨタ車体 11勝1分3敗 23
3:トヨタ自動車東日本 11勝4敗 22
4:大同特殊鋼 9勝1分6敗 19 順位確定
――――――――――――――――――――――――
5:湧永製薬 8勝1分6敗 17 順位確定
6:琉球コラソン 6勝9敗 12 順位確定
7:豊田合成 5勝10敗 10 順位確定
8:トヨタ紡織九州 3勝12敗 6 順位確定
9:北陸電力 15敗 0 順位確定

 

男子は最終節の結果次第で車体と東日本の順位が入れ替わる可能性がありますが、それ以外は順位が確定しています。
大同特殊鋼と湧永製薬、琉球コラソンと豊田合成は、最終週で勝点が並んでも、大同-湧永は対戦間の得失点差(1勝1敗で得失点差は大同の+4)、琉球-合成は対戦間成績(琉球が2勝)により、順位は逆転しません。

 

この結果、最終順位に関わらず、プレーオフ準決勝の組み合わせは

 

大崎(レギュラーシーズン1位)-大同(レギュラーシーズン4位)
車体(レギュラーシーズン2位or3位)-東日本(レギュラーシーズン2位or3位)

 

となりました。

 

【女子順位】(14週終了時点)
1:北國銀行 11勝 勝点22 順位確定
2:オムロン 9勝2敗 18 順位確定
3:ソニーセミコンダクタ 5勝1分5敗 11
4:飛騨高山ブラックブルズ岐阜 4勝2分5敗 10
――――――――――――――――――――――――
5:三重バイオレットアイリス 4勝1分7敗 9
6:広島メイプルレッズ 4勝7敗 8
7:HC名古屋 11敗 0 順位確定

 

女子は北國とオムロンの順位が決定し、ソニーは4位以内を決めました。あと1席を争うのが現在4位の飛騨高山と6位の広島です。5位の三重はすでに全日程を終えているため、これ以上勝点を伸ばすことができません。そのため、最終週の直接対決で飛騨高山が勝てば飛騨高山が3位、ソニーが4位となり、広島は6位のまま。
広島が勝利した場合は、点差によって順位が変わってきます。広島が1点差で勝利した場合、飛騨高山と広島が勝点10で並びます。しかし、第1戦で2点差(19-17)で勝利している飛騨高山が対戦間の得失点差で上回るため、3位ソニー、4位飛騨高山、5位広島、6位三重となります。広島が3点差以上で勝った場合は対戦間得失点差が逆転するので、3位ソニー、4位広島、5位飛騨高山、6位三重の順になります。

では、2点差で広島が勝利した時はどうなるのか。勝点(10)、対戦間成績(1勝1敗)、対戦間得失点差(ともに0)でも決着がつかないため、総得失点差での勝負となります。第14週を終えた時点で飛騨高山は「-37」、広島は「-11」。つまり、広島が2点差で勝利した時は、3位ソニー、4位広島、5位飛騨高山、6位三重の順位になります。
(文章の一部に誤りがありましたので、修正しました)

 

 

プレーオフ出場権を争う飛騨高山-広島戦は、飛騨高山の地元で行なわれます。白熱必至のこの一戦を含め、最終週の模様はJHL TVから視聴できます。ぜひご覧ください!

 

プレーオフの情報はJHL公式サイトよりご確認を。

 

日本ハンドボールリーグ:http://www.jhl.handball.jp