rss
News

第25回世界男子選手権出場国決定


来年1月にフランスで開催される第25回世界男子選手権に出場する24ヵ国が決定しました。

 

今年1月のアジア選手権で3位に入った日本は、3大会ぶりの出場を決めました。アジアからは日本のほかにバーレーン(アジア選手権準優勝)、サウジアラビア(同4位)が代表権を獲得。

 

前回大会(2015年、カタール)で優勝したフランスは、開催国枠で出場するため、準優勝のカタール(アジア選手権優勝)が前回大会優勝枠で出場します。

 

アフリカからはエジプト、チュニジア、アンゴラ、アメリカ大陸からはブラジル、チリ、アルゼンチンとそれぞれ3ヵ国が予選を勝ち上がりました。

 

ヨーロッパからは開催国のフランスを含めドイツ、スペインなど14ヵ国が登場します。ヨーロッパ選手権の上位3ヵ国(ドイツ、スペイン、クロアチア)と、6月のプレーオフを勝ち抜いたスロベニア、デンマークなどがフランス行きを決めました。

 

24ヵ国目の「ワイルドカード」はノルウェーに決定。ヨーロッパのプレーオフでスロベニアに敗れ、予選敗退となったノルウェーですが、ヨーロッパ選手権4位という好成績が決め手となり、最後の1枠に滑り込みました。

 

1次リーグの組み合わせ抽選は、フランスで現地時間23日14時から行なわれます。
各ポット分けも発表され、日本はポット5に入りました。

 

【世界選手権ポット分け】
ポット1:フランス、ドイツ、カタール、スペイン
ポット2:クロアチア、スロベニア、デンマーク、ポーランド
ポット3:スウェーデン、ロシア、ベラルーシ、マケドニア
ポット4:ハンガリー、アイスランド、ブラジル、エジプト
ポット5:チュニジア、チリ、バーレーン、日本
ポット6:アルゼンチン、アンゴラ、サウジアラビア、ノルウェー