rss
News

第25回世界男子選手権組み合わせ


フランスで開催される第25回世界男子選手権(2017年1月11~29日)の1次リーグ組み合わせ抽選会が23日に行なわれ、3大会ぶりに出場する日本は開催国かつ世界王者のフランスと同じA組に入りました。

世界王者として地元大会へ臨むフランス代表

世界王者として地元大会へ臨むフランス代表

 

 

世界選手権には24ヵ国が出場し、1次リーグは6ヵ国ずつ、4つのグループに分かれます。総当たりのリーグ戦の上位4ヵ国が決勝トーナメント(ベスト16)へ進む方式で、各組5位以下は順位決定戦(プレジデントカップ)へ回ります。

 

今年1月のアジア選手権(バーレーン)で3位に入り出場権を獲得した日本は1次リーグでA組に入り、地元フランスをはじめ、ポーランド、ロシア、ブラジル、ノルウェーと戦うことになりました。A組は開幕戦を除きナントで開催されます。

 

フランスは、ここ10年ほど男子界で独走するまさに世界最強のチーム。2008年の北京オリンピック、12年のロンドン・オリンピック連覇をはじめ、数々の国際大会で頂点に立ってきました。前回大会(15年、カタール)も決勝でカタールを破り世界一に輝きました。今年8月のリオデジャネイロ・オリンピックでも狙うは金メダル。

 

地元開催のヨーロッパ選手権(今年1月)で結果が出なかったポーランドですが、ドイシェバエフ監督を招聘し、再び力を取り戻しました。主軸は充実し、前回大会では銅メダルを獲得しました。

 

ロシアは金メダルを獲得したシドニー・オリンピック(2000年)に比べると、近年はやや勢いが落ちていますが、それでもタレントは豊富。前回大会は19位、リオは欠場という状況からの巻き返しを図ります。

 

先日のパンアメリカ選手権(6月11~19日、アルゼンチン)で全勝優勝したブラジル。南米の実力国です。この夏の地元オリンピックに向けて長期的な強化をしています。

 

ノルウェーはヨーロッパ・プレーオフで敗退したものの、ワイルドカードでの出場となります。1月のヨーロッパ選手権ではフランスを破るなど旋風を巻き起こし4位に入りました。

 

ヨーロッパ王者のドイツはC組でクロアチアらと激突。そのほかのグループは以下のようになりました。
【第25回世界男子選手権1次リーグ組み合わせ】
A組:フランス、ポーランド、ロシア、ブラジル、日本、ノルウェー
B組:スペイン、スロベニア、マケドニア、アイスランド、チュニジア、アンゴラ
C組:ドイツ、クロアチア、ベラルーシ、ハンガリー、チリ、サウジアラビア
D組:カタール、デンマーク、スウェーデン、エジプト、バーレーン、アルゼンチン

 

 

また、開幕戦はフランス-ブラジルに決定しました。開始時間は現地時間1月11日20:45から。
1次リーグは20日まで行なわれ、21日と22日に決勝トーナメント1回戦、24日に決勝トーナメント2回戦。準決勝は26日、27日の2日間に分かれ、29日17:30からの決勝戦で王者が決まります。
1次リーグの詳細スケジュールは後日発表予定。

 

 

第25回世界男子選手権公式サイト:http://www.francehandball2017.com/fr/