rss
  • Home  »   » 
    • 世界女子ユース選手権1次リーグ結果 日本は決勝T進出ならず順位決定戦へ
News

世界女子ユース選手権1次リーグ結果 日本は決勝T進出ならず順位決定戦へ


18才以下で争われる第6回世界女子ユース選手権は、7月19日からスロバキアの首都ブラチスラヴァで開催されています。出場24チームが6チームずつ4つのグループに分かれた1次リーグは25日まで行なわれ、決勝トーナメントに進む16ヵ国が決定。A組に入った日本は1勝1分3敗の5位で惜しくも1次リーグ突破ならず。27日からのプレジテントカップ(順位決定戦)へ回ることとなりました。

 

日本は初戦のアンゴラ戦で苦しい立ち上がりになりましたが、粘り強く追いかけ、終盤に逆転します。しかし、最後の相手の攻撃を止められず25-25の引き分けスタートとなりました。
第2戦ではチリを圧倒。大会初白星を収めました。第3戦からはヨーロッパ勢との連戦に。まずはクロアチアと対戦し、前半を2点リード(17-15)します。後半立ち上がりに3連続失点で逆転されると、そのまま逃げ切られました。
ロシアとの第4戦は相手のパワーと高さに屈して2敗目。決勝トーナメント進出のために勝利が絶対条件だった最終戦のドイツ戦。序盤から追いかける展開になり、必死に食らいつくも逆転できず24-28で敗れました。
この結果、1勝1分3敗の日本は1次リーグ5位という結果になりました。決勝トーナメントは逃しましたが、17-24位決定戦となるプレジテントカップが残されており、まずは27日18:45から中国と戦います。

 

日本戦の結果と各組の順位は以下のとおり。
【日本戦結果】
▽1次リーグ
日本 25(9-13, 16-12) 25 アンゴラ
得点者
8点:中山、5点:吉岡、3点:並木・金城、2点:中村(風)、1点:澤田・林・浜・行本

日本 39(18-11, 21-8)19 チリ
得点者
11点:中山、6点:吉岡、5点:並木、3点:行本、2点:林・浜・野崎・新川・中村(風)・金城・八田

クロアチア 30(15-17, 15-9)26 日本
得点者
8点:吉岡、7点:中山、5点:金城、2点:浜・並木、1点:林・行本

ロシア 36(20-14, 16-11)25 日本
得点者
7点:並木、5点:吉岡・中山・金城、1点:澤田・林・野崎

ドイツ 28(15-10, 13-14)24 日本
得点者
7点:中山、5点:並木、4点:吉岡・金城、3点:行本、1点:澤田

 

 

【1次リーグ順位】
〈A組〉
1:ロシア、2:クロアチア、3:ドイツ、4:アンゴラ、5:日本、6:チリ

〈B組〉
1:ハンガリー、2:スウェーデン、3:ブラジル、4:スペイン、5:中国、6:コンゴ民主共和国

〈C組〉
1:韓国、2:ノルウェー、3:フランス、4:ルーマニア、5:カザフスタン、6:パラグアイ

〈D組〉
1:デンマーク、2:エジプト、3:スロバキア、4:スロベニア、5:アルゼンチン、6:ウズベキスタン

※各組4位までが決勝トーナメントへ進出

 

 

大会の詳細は日本ハンドボール協会大会HP、または大会公式サイトにて。
日本ハンドボール協会大会HP:http://www.handball.jp/games/2016/women_world_youth/2016world_womens_youth.htm
大会公式サイト:http://www.world2016.sk/