rss
  • Home  »   » 
    • 大崎・宮﨑が新記録達成 通算FG数で単独1位に
News

大崎・宮﨑が新記録達成 通算FG数で単独1位に


日本ハンドボールリーグ(JHL)で新たな記録が樹立されました。

大崎電気の宮﨑大輔が、第42回大会第13週琉球コラソン戦(11月26日)で、ミドルシュートを決めて通算フィールドゴール得点(FG、7mT以外の得点)を913点(その後、2得点して915点に)とし、歴代単独1位になりました。

FGで歴代1位になった大崎・宮﨑(前列中央)。チームメイトと大記録を祝った

FGで歴代1位になった大崎・宮﨑(前列中央)。チームメイトと大記録を祝った

 

宮﨑は2003-04シーズンの第28回大会から大崎に追加登録され、そこから14シーズンかけてFGを積み重ね、JHLの歴史に名を刻みました。

2シーズン目となる第29回大会では97本のFGを決めてチーム最多(全体2位)の数字を記録。その後も身体能力の高さを活かし、高打点のジャンプシュートなどでゴールを沈めてきました。第30回大会には122得点でリーグトップの数字を残すと第33回大会(123得点)、第35回大会(86得点)と通算で3度のFG得点王に輝きました。

ここ5年ほどはケガの影響もあり、周囲を活かしながらスキを狙うスタイルに変化。絶妙なアシストを繰り出す一方で、ミドルシュートを打ち抜いてきました。

昨シーズンまでに878得点を記録し、今シーズンは開幕戦こそ欠場したものの、その後はキレのある動きからコンスタントに得点。第11週を終えた時点で通算FGを911得点とし、大崎・岩本監督が持つ歴代1位の記録(912得点)に、あと一歩のところまで迫りました。

迎えた第12週、トヨタ車体戦で1得点し、歴代1位タイに並ぶと、翌13週の琉球戦の後半に得意のジャンプシュートで新記録を樹立しました。

ここからは車体戦、琉球戦でのコメントをお届けします。

 
-車体戦で歴代1位に並んだ
宮﨑「コートに立つと(緊張で)手汗がすごくて、こんなことがあるんだなと。意識はしていなかったけど、久しぶりに緊張した。でも、そこで憶せずに最後までシュートを打ちにいけたのはよかった」

-912得点目はステップシュートだった
宮﨑「本当はジャンプシュートで決めたかったけど、これが今の僕なのかなと。泥臭くても1点をどう取るかを今は考えている」

-車体戦の前半はなかなかシュートが入らなかった
宮﨑「これもまた僕の人生なのかな。1点の重みは日本代表でも、大崎でも感じてきた。どこでどうやって点を取るかをもっと練習しないといけない。自分の課題が見つかった試合でもあるので、もっとうまくなれるチャンスでもある。

とにかく岩本監督の記録に並べて光栄だし、ここまで来られたのはチームメイトのアシストがあったからこそ。だから(その分)僕がもっとチームを助けられるように練習していきたい」

-琉球戦の前半もゴールが遠かった
宮﨑「シュートは日ごろから狙っているけど、今日はなにかあるんじゃないかと思うくらい入らなかった。シュートを決めないといけない焦りもあった。だけど、後半はまず自分のプレーだったり、周りを活かしたりしながらのプレーを意識した」

-記録更新の得点はジャンプシュート
宮﨑「ハンドボールはジャンプシュートが醍醐味。海外でプレーしたり、オリンピックに行けなかったりとした中で1点の重みを感じてきた。(新記録となる)シュートを決めて改めて1点の重みを感じた。これからも日ごろの練習から緊張感ある中でやっていきたい」

-1点決めるとケチャップが出るように連続でシュートが決まった(琉球戦は3得点)
宮﨑「2点目、3点目はすんなり決まったように見えるけど、周りのいい動きがあったからこそ」

-チームメイトが記念Tシャツを着ていた
宮﨑「見た瞬間、泣きそうなくらいうれしかった。チームメイトに祝ってもらい、大崎に入ってよかったと思った」

-今後に向けて
宮﨑「(今年で)36才のリーグ最年長だけど、まだまだやれるところを見せたいし、1試合1試合、今の僕を見てほしい。練習から『こうしたい』と考えながらやっているのでそうしたところを見てほしい。近いところだと日本選手権で優勝、最後はプレーオフ優勝が目標」

 

7mTを含めた通算得点では現在2位となる919得点。宮﨑本人は口にしませんでしたが、今シーズンの調子を維持できれば、岩本監督が持つ通算得点記録(1079得点)の更新も不可能ではないでしょう。

 

【宮﨑大輔シーズンごとのFG数】
第28回大会 14得点/33射
第29回大会 97得点/196射
第30回大会 ☆122得点/217射
第31回大会 97得点/192射
第32回大会 75得点/145射
第33回大会 ☆123得点/208射
第34回大会 -
第35回大会 ☆86得点/143射
第36回大会 61得点/111射
第37回大会 63得点/114射
第38回大会 45得点/85射
第39回大会 46得点/82射
第40回大会 22得点/42射
第41回大会 27得点/53射
第42回大会 37得点/64射

通算成績 915得点/1685射(率0.543)

※☆はタイトル。第42回大会は第13週終了時点。第34回大会はスペイン1部リーグのアルコベンダスでプレー。