rss
  • Home  »   » 
    • 2018年4月号のコンテンツを公開しました。高校センバツ、春中、プレーオフを展望!
更新情報

2018年4月号のコンテンツを公開しました。高校センバツ、春中、プレーオフを展望!


『スポーツイベント・ハンドボール2018年4月号』(3月20日発売)のコンテンツを公開しました。表紙を飾るのは、3月末に開幕する全国高校選抜大会(高校センバツ)で活躍が期待される選手たちです。

本日から予約注文の受けつけを開始します。ご予約いただいた方には、通常よりも早く発送いたします。4月号の予約は弊社オンラインショップで受けつけています。

表紙:上段左から佐藤陽太(駿台甲府高)、蔦谷大雅(大体大浪商高)、安田つぐみ(富岡東高)、中段左から阿礼梨那(飛騨高山高)、植松花乃(佼成女高)、窪田礼央(氷見高)、岡田彩愛(高水高)、下段左から前田紗良(北陸高)、千葉夏希(不来方高)、榎本悠雅(藤代紫水高)

表紙:上段左から佐藤陽太(駿台甲府高)、蔦谷大雅(大体大浪商高)、安田つぐみ(富岡東高)、中段左から阿礼梨那(飛騨高山高)、植松花乃(佼成女高)、窪田礼央(氷見高)、岡田彩愛(高水高)、下段左から前田紗良(北陸高)、千葉夏希(不来方高)、榎本悠雅(藤代紫水高)

 

 

4月号の特集は、3月末に行なわれる3つの大会の展望です。4月号を読めば、より楽しく観戦できます。

1つ目は兵庫で行なわれる高校センバツ。都道府県予選、ブロック予選を勝ち上がった男女82チームを紹介するとともに、編集部が注目する有力選手たちをピックアップしました。
2つ目は今年で13回目を迎える春の全国中学生選手権大会。こちらも高校センバツと同じように出場チーム、注目選手を紹介しています。
最後はJHLプレーオフ。新方式になる今大会はどのような戦いになるのかを過去のデータから占い、出場する男女8チームの戦力を分析しました。また、JSPORTSのリポーターを務めるヤハラリカさんにプレーオフの楽しみ方を聞きました。

このほか、日本リーグの終盤戦、チャレンジディビジョンをリポート。男子ジュニア代表の合宿やNTAナショナルトレーニングアカデミー、コーチ・レフェリーシンポジウムのようすもお伝えします。

4月号のコンテンツは以下のとおりです。

201804index

 

4月号の発売日は3月20日になります。発売日前にご予約いただいた方には、通常よりも早く発送いたします。予約は弊社オンラインショップで受けつけています。

※ご予約いただいた方でも、発送状況の関係で発売日を過ぎてのお届けになる場合がございますので、あらかじめご了承ください