rss
  • Home  »   » 
    • 2018年6月号のコンテンツ公開 特集は春中やジャパンカップの展望など
更新情報

2018年6月号のコンテンツ公開 特集は春中やジャパンカップの展望など


『スポーツイベント・ハンドボール2018年6月号』(5月19日発売)のコンテンツを公開しました。
表紙を飾るのは、第13回春の全国中学生選手権大会(春中)でチームを優勝に導く活躍を見せた神森中・伊禮颯雅選手と美東中・金城菜々子選手です。

本日から6月号の注文予約を始めます。ご予約いただいた方には、通常よりも早く発送いたします。6月号の予約は弊社オンラインショップからとなります。

表紙:伊禮颯雅(神森中、左)、金城菜々子(美東中)

表紙:伊禮颯雅(神森中、左)、金城菜々子(美東中)

 

 

 

6月号のメイン特集は、3月末に富山で開催された春中です。
中学校チームとクラブチームが戦える唯一の全国大会は、今年も激戦の連続でした。4日間で最大6試合のハードな大会を制したのは、男子・神森中と女子・美東中。沖縄県勢のアベック制覇となりました。両チームの優勝までの軌跡を振り返り、出場したチームの活躍をお伝えします。

また、中学生クラブチーム探訪紀では、春中スペシャルと題し、今年の春中で男子準優勝、女子3位と好成績を残し、旋風を巻き起こした霧島クラブ(鹿児島)をクローズアップしました。

6月に行なわれる「2018JAPAN CUP」のプレビューでは、日本男女代表の合宿のようすをはじめ、来日するドイツ代表、ポーランド代表の情報も。
ハンドボールを続けながら将来ハンドボールやスポーツにかかわる仕事に就くための資格が取れる大学も一挙に紹介しています。将来について考えたい中高生は必見です。

「保存版スキルアップシリーズ」では、楽しみながら身体の機能と判断力を鍛えるトレーニングを、植松伸之介さん(明星大ヘッドコーチ、U-19日本男子代表監督)に解説してもらいました。指導者が不在で練習内容に困っているチームや競技を始めたばかりの選手が多いチームなどにピッタリの内容になっています。

そのほかの内容は、以下のとおりになります。

 

 

6月号の発売日は、5月19日。発売日より前にご注文いただいた方は、通常よりも早く発送いたします。予約は弊社オンラインショップにて。

※ご予約いただいた方でも、発送状況の関係で発売日を過ぎてのお届けになる場合がございますので、あらかじめご了承ください