rss
更新情報

2019年3月号のコンテンツ公開!


『スポーツイベント・ハンドボール2019年3月号』(2月20日発売)のコンテンツを公開しました。

本日から3月号の注文予約が可能です。ご予約いただいた方には、通常よりも早く発送いたします。3月号の予約は弊社オンラインショップからとなります。

表紙:水町孝太郎(豊田合成)

表紙:水町孝太郎(豊田合成)

 

 

3月号では3つの大会をリポート。

まずは表紙を飾る豊田合成・水町孝太郎選手がMVPに輝いた日本選手権・男子の部。昨年末に開かれた女子の部とは別で行なわれた今大会は、熊本が舞台になりました。24チームによる激戦を勝ち抜いたのは豊田合成。準決勝で大崎電気、決勝でトヨタ車体を破り、見事に初優勝を飾りました。3月号では大会を制した合成をはじめ、学生から社会人チームまで出場した全24チームの戦いを追いました。

2つ目は1月にドイツ、デンマークの2ヵ国で共同開催された第26回世界男子選手権。ワイルドカードで2大会連続の出場となった日本男子代表・彗星JAPANは残念ながら24位という結果でしたが、世界との真剣勝負の中でなにを示したのか。7試合の振り返りとともに、世界選手権での戦いぶりをリポートします。また、優勝したデンマークをはじめ、各国の話題も探りました。

最後は昨年末の第27回JOCジュニアオリンピックカップです。中学生が選抜チームで日本一をめざし、連日熱戦を見せてくれました。予選リーグのリポート、活躍した選手の紹介など盛りだくさんの内容でお伝えします。オリンピック有望選手に選ばれた3選手にはインタビューを行ないました。

このほか、いよいよ開幕が迫ってきたJHLプレーオフの展望や、3月末の全国高校選抜大会、春の中学生選手権大会への出場チーム紹介、NTSセンタートレーニングのリポートもあります。あのころを語ろうでは、スペイン代表のアレックス・ドイシェバエフ選手に登場してもらい、家族のこと、ヨーロッパ選手権優勝のことなど、たっぷりと語ってもらいました。

 

3月号の詳しいコンテンツは以下のとおりです。

 

3月号の発売日は2月20日。発売日より前にご注文いただいた方は、通常よりも早く発送いたします。予約は弊社オンラインショップにて。

※ご予約いただいた方でも、発送状況の関係で発売日を過ぎてのお届けになる場合がございますので、あらかじめご了承ください