rss
更新情報

2020年7月号のコンテンツを公開!


6月19日に発売する『スポーツイベント・ハンドボール2020年7月号』のコンテンツを公開しました。本日11日から7月号の予約注文の受けつけを開始します。ご予約いただいた方には、通常よりも早く発送します。7月号は弊社オンラインショップからご予約ください。

表紙:東江雄斗選手(大同特殊鋼)

表紙:東江雄斗選手(大同特殊鋼)

 

これまでで44回を数える日本リーグ(JHL)。7月号ではその歴史を彩ってきた得点王を総力特集します。52人にのぼる歴代得点王の中から、みなさんは何人の選手を知っているでしょうか?

加えて、昨シーズンの得点王・東江雄斗(大同特殊鋼)、藤井紫緒(大阪ラヴィッツ)をはじめ、得点王・フィールド得点王・7mT得点王の3つを同時に獲得した“トリプルトップスコアラー”や、JHLで数々の名手からシュートを受けてきた名GK・橋本行弘さんへのインタビューを実施。得点を取るコツ、得点王の条件など、それぞれの視点から得点王について語ってもらいました。

そして、4月から新たなスタートを切った “新鮮”力の情報をお伝えします。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年とは異なる状況にはなりましたが、すでに多くの選手が次のステージへと踏み出しました。今回はその中から社会人と大学生をクローズアップ。有力選手たちが次に選んだのはどのチーム、どの舞台か、一気にチェックしていきましょう。

全国的に緊急事態宣言が解除されたことによって、徐々にトレーニング環境が整ってきた人も多いのではないでしょうか? しかし、一生懸命に個人でトレーニングに励んできたとはいえ、長期に及ぶ外出自粛で体力が落ちた身体に無理は禁物。いきなり以前のような練習に取り組んでは、身体に大きな負担がかかり、ケガのリスクも高くなります。

そこで、先月の「STAY HOME TRAINING」に引き続き、日本女子代表のトレーナーを務める高野内俊也さんに、練習を再開するための「Re-Start training program」を解説してもらいました。焦らずゆっくりと練習をスタートさせ、徐々に元の身体へと戻していきましょう!

このほかにも、コロナ禍において活発になってきたオンライン上の取り組みの中から、今回は石立真悠子選手(三重バイオレットアイリス)、そして、東大ハンドボール部の活動をリポート。さらに、日本ハンドボール協会の湧永寛仁会長のロングインタビューなど、7月号でもハンドボールにまつわるさまざまな情報をお届けします。

7月号の詳しいコンテンツは以下のとおりです。

 

 

 

7月号の発売日は6月19日。発売日より前にご注文いただいた方には、通常よりも早く発送いたします。弊社オンラインショップからご予約を!