rss
  • Home  »   » 
    • 2020年12月号コンテンツ公開 スキルアップシリーズ、田中美音子1600得点記念特集
更新情報

2020年12月号コンテンツ公開 スキルアップシリーズ、田中美音子1600得点記念特集


『スポーツイベント・ハンドボール2020年12月号』(11月20日発売)のコンテンツを公開します。

また、本日12日から12月号の予約注文の受けつけを開始します。ご予約いただいた方には、通常よりも早く発送します。ぜひ弊社オンラインショップからご予約ください。

 

12月号の表紙は、日本女子代表・おりひめジャパンの石立真悠子選手(三重バイオレットアイリス)が飾ります。

前々号から好評連載「保存版スキルアップシリーズ」で世界で通用する石立選手の「1対1」をお届けしてきました。第3回(最終回)となる今回は1対1を活かすための戦術や、フェイント後のパスを解説してもらいました。弊誌2020年10月号2020年11月号と合わせて読むとレベルアップ間違いなし!

また、10月11日に史上初となる日本リーグ1部通算1600得点を達成した女子界の“リビングレジェンド”田中美音子選手(大阪ラヴィッツ)を巻頭で特集します。40才を超えてもなお走り続ける160cmの小さな巨人が、いかにして日本を代表する選手になったのか。関係者の言葉とともに田中選手のハンドボール人生を振り返っています。

熱戦が続く第45回日本リーグでは、第6週から第9週に行なわれた全試合をレビュー。また、シーズンの約半分を終えた男子全11チームの戦いぶりをチェックし、編集部が前半戦の男子ベストセブンも選出しています。そして、今年から使用可能になった通信機器を、ルールとともに、各チームがどのように活用しているのかも紹介しています。

さらに、各地で行なわれた大学生の熱戦リポート+「もしも全日本インカレが開かれたなら」というテーマのもと、大学日本一の栄光を手にするならどんなチームだったのかをシミュレーションしました。

このほか、来年1月に開かれ、日本男子代表・彗星ジャパンが出場する第27回世界男子選手権は大会展望第1弾として、1次リーグ全8グループの組み合わせ・展望をお伝えします。

前号に続いてビーチハンドボールのルール解説や、デンマークの自治領・フェロー諸島でプレーする4人の女子選手のインタビューもお届け。

12月2日から始まる第72回日本選手権・男子の部はブロックステージの結果とともに大会情報もリポートしています。

今号も自信を持ってお届けする12月号の詳しいコンテンツは以下のとおりです。

 

12月号の発売日は11月20日。発売日より前にご注文いただいた方には、通常よりも早く発送いたします。弊社オンラインショップからご注文ください。