rss
HANDBALL A to Z
作成・杉山茂&スポーツイベントハンドボール編集部 2014.04.15Version
これまでハンドボール用語といえば規則(ルール)、技術・戦術用語が主でした。ハンドボールファンの拡大、内外情報の多彩化などで、用語は極めて多範囲となり、新たな解説が求められています。この企画はそうしたニーズに応えるものでスポーツイベント・ハンドボール誌(月刊)を読んでいただく場合の手引きともなります。外来語が多いためアルファベット順に日本語用語(ローマ字読み)と史上特筆すべき業績を残した内外のチーム、人物も加えました。年数は西暦、項目表記は英語系のみとしてあります。競技規則用語は「日本ハンドボール協会競技規則平成25年版(2013.12.16発行)」を参考にしています。1~2年ごとに追加、補充、修整など改訂を重ねていく予定です。個人の敬称略。
〈禁無断使用転載〉

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

C.I.S
C.I.S.M
C.O.C
キャップ
キャプテン
キャプテンマーク
カード
カーディング
CAS
センター
センターライン
セントラル方式
CF
Cグループ
チャレンジ・ディビジョン
チャレンジトロフィ
チャンピオン
チャンピオンシップ
チェンジ・オブ・ペース
チャージ charge(ing)
チャリティマッチ charity match
チェック
チア、チアリーディング
チェンジパス
千葉県協会
地中海競技大会
地域高校選手権
地域リーグ
近森克彦(ちかもり・かつひこ)
チャイニーズ・タイペイ
クリスクロスパス
中学校(生)ハンドボール界
中国
中央アジア
抽せん
中四国学生リーグ
『中東の笛』
C級審判員
クラシフィケーション
クレイコートハンドボール
クラブ
コーチ
コイントス
コラボレーション
コンビネーション
コンビネーションプレー
コメンテーター
コマーシャリズム
コミッション
コモンウェールス・ゲームス
コンパルソリープレース
コングレス
コンソレーションマッチ
Contact Pass
コンチネンタルフェデレーション
コントラクトプレイヤー
コントロール
クーリングダウン
コア(core)競技
コーナー
カウンシル
カウンターアタック
クーリエ
コート
コートマナー
コートプレイヤー
コートレフリー
カバー
CP
クロアチア
クロスバー
クロス方式
クロスパス
キュー
カップ戦
カット
カットイン
カットアウト
カットインシュート

C.I.S

独立国家共同体=Commonwealth of Independent Statesの略称。旧ソ連の11の共和国が1991年12月に形成した新体制による連合体で、バルセロナ・オリンピック(92年)にジョージア(グルジア)を加えて参加が認められ、ハンドボール男子は優勝、女子は3位となった。チーム名は「統一チーム」を表す「EUN」(Equipe Unifiee=フランス語)とされたが、大会後、12の国がそれぞれ独立した組織として国際ハンドボール連盟に加盟、CIS=EUNの活動は1回限りとなった。カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンの5ヵ国は国際及びアジア・ハンドボール連盟のメンバー。

C.I.S.M

国際軍隊スポーツ連盟のフランス読みの略称、略記。ハンドボール委員会があり、世界軍隊選手権を主管。

C.O.C

国際ハンドボール連盟専門委員会の1つ。競技・組織委員会(Commission of organizing and competition)の英文略号。 97年の熊本世界選手権を前に渡邊佳英(日本協会)が調整役として臨時メンバーで加わった。現在の委員長はレオン・カリン(スロベニア)、委員は7人。

キャップ

代表チーム選手として出場した公式国際試合の回数。イングランドのラグビー界が、出場するたびに栄誉を讃え特製の帽子(キャップ)を贈ったのがヨーロッパの各スポーツに伝わった。キャップ数58などと表現する。ハンドボールでは一部の国で使われるが、全般的にはなじみが薄い。

キャプテン

主将。チームの代表格。コート上(競技中)のチーム代表者。協会や連盟内の競技系部門の責任者を指す場合もある。

キャプテンマーク

競技規則でキャプテンに着用が義務づけられている約4㎝幅の腕章。上腕に着け、シャツと対比できる色でなければいけない。チーム内のキャプテンが不出場の場合は、その試合での「ゲームキャプテン」を指名して着用させる。

カード

長方形の厚紙の札を意味するが、スポーツ界では試合(対戦カード)、呼び物を表わす。 好カード、ビッグカード、次のカードなど。

カーディング

Carding。おもにリーグ戦でのカードの決定。それによって日程、会場などが準備される(日程、会場が先に決まるケースもある)。リーグ運営の最大の作業。

CAS

Court of Arbitration for sportの英文略称、略記。スポーツ仲裁裁判所に同じ。

センター

①中央。攻撃陣型の後列中央でゲームメークの中心となるほか、自らも得点力を備える選手。11人制ではフォワード5人の中央で背番号9と決まっていた。 ②中心となる地点、拠点、場所。プレスセンター、記録センターなど。 ③チームの中心選手、もっとも人気を誇る選手。

センターライン

コートの両サイドラインの中間点を結んで引かれた線。スローオフはボールを持った選手がこのラインの中央部分を片方の足で踏んで始められる。

セントラル方式

大会に参加する国を1会場(1ヶ国、1地域、1施設など)に集結させて競技を運営する方式。集中方式。対比はホーム・アンド・アウェイ方式。

CF

コンチネンタルフェデレーション(Continental Federation)の略。大陸ハンドボール連盟に同じ。

Cグループ

世界選手権が実力別グループ制を採用していた時のカテゴリー。男女とも参加資格はヨーロッパ大陸勢に限られていた。男子は76~90年に8回、女子は86~91年に3回開かれたあと廃会。男子第6回(86年)優勝のフランスが、この大会時をスタートに、95年世界制覇に登りつめた10年間での“成功の道”は有名。

チャレンジ・ディビジョン

日本リーグ機構が運営するオープンカテゴリーの大会。09年10月に男子が発足。日本リーグには“直結”していない。

チャレンジトロフィ

国際ハンドボール連盟が各大陸の新興国、発展途上国のために設け後援する大会(男女)。ヨーロッパでは2000年からアフリカでは01年から始まっている。アジアでは2010年男子が中央アジアで実施された。11年からは各大陸の勝者を集めての「IHFトロフィ」が始まり、チャレンジトロフィの名称は薄れ始めた。原則として20才以下の代表チームによる。

チャンピオン

優勝チーム、選手権保持チーム。本来は個人系スポーツの勝者を称するが、現代はチーム系スポーツにも用いられ「チャンピオンチーム」などとも呼ばれる。

チャンピオンシップ

国内ではタイトルをかけた大会を指すことが多い。決勝戦だけを特定するケースもある。

チェンジ・オブ・ペース

試合の運びかたの1つ。相手の動き、得点差、時間経過などで流れに緩急をつける。表面的には速攻、セットプレー織りまぜての動きで見れる。

チャージ charge(ing)

競技用語。攻撃側の選手が勢いつけて相手にぶつかること、腕や手を使って防御側の動きを止めることなどに課せられる反則。

チャリティマッチ charity match

収入を慈善や福祉事業などに寄付する目的で行なう試合。

チェック

①防御側が相手のボールや選手との間合いを詰める状態。ディフェンスの基本。 ②試合前の選手リスト、選手の衣服などの照合、点検。 ③日本でいう「王手」

チア、チアリーディング

声援、応援、励ましなどの意。チアリーディング、チアダンシングなどはヨーロッパ系スポーツのハンドボールには似合わないとされてきたが、近年は各国リーグで盛んだ。チアガールは和製英語。

チェンジパス

たがいのポジションを入れ替えながら行なうパスの方法。

千葉県協会

1951年2月設立。地道な高校界への普及を重ね、女子では全国レベルの強力校が育った。近年は高校を拠点とした社会人クラブの発展を図り、市民スポーツの普及に成果がのぞきはじめている。ビーチへの取り組みは国内随一。

地中海競技大会

国際オリンピック委員会公認で2~4年にいちど開かれる国際総合競技会。1951年エジプトで第1回が行なわれた。地中海を囲むヨーロッパとアフリカ、アジア(レバノン、シリアの2ヵ国)の24ヵ国が出場することでレベルは高い。ハンドボールは75年から実施競技(男女)となり、ユーゴスラビア(旧国家)フランスエジプト、アルジェリアなどのトップチームが参加している。キリスト教国とイスラム教国が集合するため、騒動、混乱も少なくない。英語名称はMediterranean Games。
この大会とは別に99年に地中海ハンドボール協会が発足、2003年地中海連盟と改称。04年から「地中海ジュニア選手権(男女)」をスタートさせ、06年から毎年開催している。20分3ピリオド制を採用しているのが特色。

地域高校選手権

第2次大戦後、日本ハンドボール界の興隆を促進させた大会。
全国9ブロックによる高校選手権。所属する都府県協会の上位校に交流と研さんの場を増やすために設立されている。
最古は東北の1948年、そのあと50年中国、51年九州、52年四国、54年東海、55年関東、58年近畿、65年北信越(全北海道は50年)とつづき、現在に至っている。
近畿は前身大会として1946~56年「西日本高校選手権」の名称によるインターブロックを開いている。「東日本選手権」(48~53年)も行なわれた。

地域リーグ

日本協会が2009年6月に打ち出した国内トップゾーンの拡充策だが、具体的な動きは2002年に始まった女子の「首都圏リーグ」がめだつ程度である。

近森克彦(ちかもり・かつひこ)

日本人選手として初めて外国のトップリーグ・ドイツリーグ(当時は西ドイツ)でプレーした選手。70~71年名門ハンブルガーSVの一員に加わりレギュラーで活躍、高い評価を得た。帰国後、ミュンヘン・オリンピック代表選手となる。大崎電気、三陽商会などに在籍。芝浦工業大学出。全日本実業団ハンドボール連盟理事長もつとめている。45年9月山口生まれ。

チャイニーズ・タイペイ

台湾を国際スポーツ界ではこのように呼称する。1972年国際ハンドボール連盟は、いわゆる「2つの中国」問題を解決するため、台湾の加盟申請に国際規程に則ることを条件とした。マスコミは「台湾」と表記するが日本ハンドボール協会は「中国台北」あるいは「TPE」としている。掲揚される旗は梅(国花)の共通デザインにハンドボール競技者のシルエットが描かれたものが使用される。アジアハンドボール連盟加盟国。学校体育を基盤とした少年少女層での活動に定評があり、2007年7月第2回アジア女子ユース選手権を開いた。09年7月には第8回ワールドゲームズの招待競技としてビーチハンドボールを主管した。

クリスクロスパス

スリーメンクロスに同じ。Xの項にも記載。

中学校(生)ハンドボール界

第2次大戦前の旧制中学時代は日本ハンドボール協会の熱心な巡回指導などで、各地に普及され、1940年の第11回明治神宮体育大会では中学の部が設けられ、この大会が第1回全日本中学選手権~男子~とされている。優勝は青山師範(東京)。
戦後の新制では、県外試合の禁止などで各都道府県の指導力がカギとなったが、着々と基盤が拡がり、特に東海、近畿地域での活動は目ざましかった。70年代に入って全日本規模の大会開催を望む機運が高まり、72年8月、愛知で第1回全国中学生大会がスタート、79年の第8回大会から全日本中学校体育連盟主催による大会となり、現在に至っている。
学校教育としての活動の一方で、ジュニア・ユースの視点から中学界への関心も高く、有能選手発掘のステージとして93年からJOCジュニアオリンピックカップ(男女)、06年から富山県氷見市を舞台に春の全国中学生選手権が開かれている。少子化の波をうけて、愛好者の伸び悩みは深刻だが、ハンドボール界の消長を握る年代だ。市民スポーツ系の「中学生クラブ」の育成・振興も期待される。2015年1月現在の日本ハンドボール協会登録は男女計1297校26539人と中学少年団23チーム203人。

中国

1950年代(11人制)から活動が始まり、57年、人民解放軍、上海選抜、北京選抜の3チームによって初試合。普及していたのは極めて一部の地域に限られていたが、オリンピック復活で本格的な発展が図られ、80年国際ハンドボール連盟加盟時には国内の主たる30の地域で愛好され、それぞれの選抜チームのレベルは高いと伝えられた。82年初のアジア大会で男子が優勝、84年のロサンゼルス・オリンピックでは女子が銅メダルを飾った。
2008年宿願の夏季オリンピックを首都・北京で開いた。男子は12位に終わったが女子は6位となり今後の充実が注目される。09年12月第19回世界女子選手権を開催し12位。ビーチ競技の普及も進んでいる。

中央アジア

旧ソ連から独立したカザフスタン、キルギスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタンの5ヵ国がアジア大陸に組みこまれて生まれたゾーン。1994年の広島アジア大会女子にカザフスタンが参加、同国男子も93年の第7回アジア選手権(バーレーン)に出場、このあとウズベキスタン男子も積極的な行動を示している。95年からこの5ヵ国で総合競技大会「セントラル・エーシアンゲームズ」を行ないハンドボールも実施されていたが、2005年の第5回以降開かれなくなった。99年の第3回(キルギス・ビシュケク)に台湾が特別参加した。

抽せん

①競技で勝負がつかなかった場合、次のラウンドへ進むチームを決めるために用いられる方法。成績は引き分けに扱われる。②大会の組み合わせ決定も抽せんが常識的な方式で、大きな国際大会では「ドローミーティング」は公開され、世界選手権の抽せん風景はテレビ中継が行なわれることが多くなった。

中四国学生リーグ

リーグ形式の初シーズンは62年秋だが、その前史として60、61年の中四国学生選手権、62年春の結成トーナメントがある。四国勢の参加は65年秋の松 山商科大学(現・松山大学)が初。66年2部制へ発展、74年に女子が発足している。 ◆1960年から2014年秋までの優勝校と回数 【男子】広島大23回、山口大22回、高松大21回、松山商大・松山大11回、広島商大・広島修道大10回、岡山大6回、愛媛大6回、広島経大5回、広島大福山2回、広島工大1回。 【女子】山口大20回、広島大18回、環太平洋大12回、岡山県立女子短大10回、愛媛女子短大9回、岡山大8回、川崎医療福祉大2回、高知大1回、愛媛大1回。 【2014年秋の加盟校】男子1部6校、2部6校、3部5校、4部4校。女子1部5校、2部6校。

『中東の笛』

1990年代初頭からアジアで行なわれる公式大会でクウェートなど中東勢を有利に導くためアジアハンドボール連盟が意図的にレフェリーを指名、露骨な判定を繰り返す状況を言う。 シニア(男子代表)に限らずジュニア、ユース、女子にも広がり始めたとされ、日本、韓国などが再三抗議していた。 日本の関係者、メディア、ファンは実際の状況を見る機会がなかったが、07年9月愛知県豊田市での北京オリンピック男子アジア予選・韓国-クウェート戦で一方的なクウェート有利の判定が続き議論を呼んだ。 この一戦が引き金となって同予選全試合が無効となり異例の再予選へと進む。

C級審判員

日本ハンドボール協会公認審判員資格カテゴリーの1つ。ブロック大会・各都道府県大会の競技を審判することができる。

クラシフィケーション

Classification。格付け。大会の順位を表わすことが多い。クラシフィケーションマッチ(ラウンド)は順位決定戦の意。

クレイコートハンドボール

土のコートを使って屋外で行なう7人制。

クラブ

同好の士を集めた組織。世界のスポーツ(ハンドボール)チームのほとんどはクラブで、会員(個人)の目的によって多彩な活動が行なわれている。地域市民に密着した組織が多く「自分たちの市(まち)のチーム」の意識が強い。
多競技多世代型の大規模な総合スポーツクラブには、ほとんどハンドボール部門が含まれている。会員増を望める人気競技というわけだ。国内リーグで活躍するトップチームの下には年代別、性別、技量別、目的別の複数のチームが構成される。トップチームは、年々ノン・アマチュアの色を濃くし総合型から分離する新しい動きものぞきはじめた。
クラブ会員となる目的も「トップ」観戦が魅力で、という傾向が出てきている。
「クラブハウス」を備え練習コートのほか、観客席付きの競技施設を持つクラブも多く、練習後、観戦後にハウス内のレストランやラウンジでアフターゲームをエンジョイするなど「クラブライフ」がスポーツの主流である。
日本では「クラブ」の表現によるイメージは体育会や運動系の「部」と比べて、レジャー的に見られる時代が長かった。
競技力志向も含めた多目的、多世代による「ハンドボールクラブ」がいかに育つか、今後の球界の消長を握るといえる。

コーチ

試合や練習で選手に助言し指導する人。その役職名。

コイントス

試合開始前、レフェリーが両チームの責任者(キャプテンが多い)を呼んでコインを投げ、開始時のスローオフあるいはコートの左右どちらを選ぶか決める。延長戦となった場合も行なわれる。風向きが影響したアウトドア主流時代の名残りともいわれる。トスに同じ。

コラボレーション

共同、協力、協調、合作などの意。国際ハンドボール連盟と各国協会間、日本協会と各都道府県協会間の作業などのほか、日本のハンドボール界がドッジボール界との提携を探る試みなども指す。
このほか、ビーチが、サッカー、バレーボールなどとともに「ビーチゲームズ(仮称)」を開くアイディアや、日本オリンピック委員会打ち出した「球技復活プロジェクト」もこの流れの1つといえる。ボールゲーム系のいわゆる“横の連絡”が強まり、共通した課題に取り組むコラボレーションは今後、活況になろう。

コンビネーション

以前から組み合わされている2人以上の連動。監督とコーチ、レフェリーのペア、左腕と右腕の主力アタッカー、パッサーとポストプレーヤー、正GKと控えGK、競技者とメディカルスタッフなど多様なケースがある。

コンビネーションプレー

2つ以上あるいは2人以上のプレーを組み合わせた攻撃及び防御の戦法。

コメンテーター

解説者。特にラジオやテレビ中継で一般的。実況アナウンサーをこのように呼ぶ場合もある。ラジオ、テレビ用の放送席はコメンタリーボックス、コメンタリーポジションなどと呼ばれ、場内放送のアナウンス室(アナウンス席)とは区別される。

コマーシャリズム

商業主義。アマチュアリズムの退潮で、スポーツ組織の運営は、経営感覚が盛りこまれるようになり、国際ハンドボール界も、それまではゴール、ボールなどに限られていた企業との“商取り引き”の範囲を拡げた。「テレビビジネス」の積極化は最大課題とされる。それにともなって参加チームの選手のシャツ、パンツ、シューズをはじめ、コート周辺やコート上の広告がオープンとなり、大会を取り巻く記録集計など多くの業務にスポンサーが募られている。日本でも企業名を冠せた大会や、代表チームをはじめとするトップゾーンとコマーシャリズムの関係は深く濃くなる一方だ。

コミッション

日本ハンドボール協会には強化、広報、普及指導、審判、女性、ビーチなど主だったコミッティ(委員会)だけでも12あり、特別委員会、プロジェクトチーム、専門委員会などがほかに活動している(14年度)。
国際ハンドボール連盟は2015年1月現在
(1)競技・組織(Commission of Organizing and Competition=COC)
(2)競技規則・審判員(Commission of Playing Rules and Referees=PRC)
(3)コーチ・手法(Commission of Coaching and Method=CCM)
(4)医事(Medical Commission=MC)
(5)開発振興(Commission for Development=DC)
(6)倫理(Commission for Ethic=CE、非常設)
の6委員会にまとめている。

コモンウェールス・ゲームス

イギリス(英国)連邦競技大会。1930年にカナダで「エンパイア・ゲームズ」の名で始められた伝統の国際総合競技会。現在の大会名は66年から。4年にいちどの開催でハンドボールは80年代以降、いつも候補にあがりながら見送られつづけている。10年3月インド・デリ市、17競技の第19回大会も実施は見送られている。14年のスコットランド大会は未定。ジュニア大会やクラブ大会での実施は煮つまっていると伝えられるが、リーダー格のイギリス、カナダ、オーストラリアなどでのハンドボール界が未成熟なため、正式競技としての採用が遅れている。

コンパルソリープレース

国際ハンドボール連盟が主催する各世界選手権で大陸別に義務づけた出場国数枠のこと。男女世界選手権では各大陸3ヶ国ずつ、同ジュニアでは同2ヵ国ずつ(いずれもオセアニア大陸は除く)が、「固定枠」として配分される。正当な理由のない不参加や辞退にはペナルティが課せられる場合がある。欠場国を補うため「補欠国」を国際ハンドボール連盟は大陸別に指名しておく。対比はパフォーマンスプレース

コングレス

国際ハンドボール連盟の全加盟国代表が参加して開かれる総会。1946年7月コペンハーゲン(デンマーク)で第1回のあと、2年にいちど定期的に招集され、オリンピックイヤー翌年の総会で役員の改選を行なう。第35回総会は2015年7月ハンガリーで開催された。
日本ハンドボール協会では全国評議員会(年2回)がコングレスにあたる。

コンソレーションマッチ

大会の途中で敗れ、次のラウンドへの出場権を失ったチームによる試合。「敗者慰安試合」として日程は組まれているが、エキシビションのカラーが濃く、下位の順位へつながる「敗者復活戦」とは異なる。

Contact Pass

Contact Pass。ディフェンスに当たられながらボールをつなぐ意識で行なうパス(スポーツイベント2013年5月号で技術解説)。

コンチネンタルフェデレーション

大陸ハンドボール連盟に同じ。英語略称と略記はCF

コントラクトプレイヤー

国際ハンドボール連盟が1994年に明文化した競技者資格。契約選手と呼ばれる。クラブとの間で報酬などの契約を結んだ選手で、クラブは国内組織を通じ国際ハンドボール連盟へ届け出る。契約選手はクラブからの出場手当、勝利給など手当は受けているが、報酬だけで生計をたてられる報酬を約束されるプロフェッショナルプレイヤーとは区別される。国内では企業チームがハンドボール活動だけのため嘱託などで契約する傾向が増えつつある。契約選手、ブロフェッショナルプレイヤーともに世界選手権、オリンピック、アジア大会などに参加できる。対比はノン・コントラクトプレイヤー

コントロール

GKゴールエリア内でボールを“制御”すること。
②シューターが狙ったコースへシュートを放つ技能。制球力。
③正確なパスワークにも用いられる技術。

クーリングダウン

クーリングは冷たくするの意味で、試合や練習のあと、心身を短い時間で平常に戻すために軽く動くなどの整理運動をいう。対比はウォームアップ

コア(core)競技

国際オリンピック委員会がオリンピック大会の規模肥大を防ぐため夏季大会は2012年のロンドンから実施競技数を最大28とし、そのうち固定される26競技(core sports)を指す。2020年の東京大会から開催都市が要望する競技をその大会に限り加えることができる。 ハンドボール(男女)は2024年までこの中に含まれているが見直しも行なわれ28年以降の保証はない。

コーナー

競技場でサイドラインアウターゴールラインが交わる点。4点あるがマークは付けられない。防御側コートプレイヤーが最後に触れたボールがアウターゴールラインを越えた時、この交点からスローインとなる。以前は「コーナースロー」と呼ばれた。

カウンシル

国際ハンドボール連盟理事会

カウンターアタック

守りから相手のボールを得て(奪って)、一気に速攻で逆襲すること。

クーリエ

ドーピング検査で採取された検体の輸送を行なう役員。

コート

競技場。長さ40m、幅20mの長方形。長い辺をサイドライン、短い辺のゴールポストの間3m16をゴールライン、その両側16m84をアウターゴールラインと呼ぶ。「見せるスポーツ時代」を意識してコート内の各ラインを引かず区画される領域間の色を変えることも認められている。ビーチ競技は長さ27m、幅12mの長方形。
11人制時代の競技場はフィールドあるいはグラウンドとされコートとは呼ばなかった。

コートマナー

チーム全員がフェアプレーの精神を守り観客に不快感を与える行動を慎む態度、姿勢。

コートプレイヤー

GK以外のプレイヤー。ゴールエリアでプレーすることはできない。略称と略記はCP。フィールドプレイヤーと呼ばれることもある。この略称と略記はFP。

コートレフリー

2人のレフェリーのうち攻撃側の背後からボールの扱い、選手の動作に関する反則を見るレフェリーの役務。

カバー

味方の動きが封じかけられようとした時に“援助”する動作。ボールを持った者への行動が多くフォローも同意に近い。防御面ではバックアップとほぼ同意。

CP

コートプレイヤーの略称、略記。

クロアチア

ユーゴスラビア旧国家の中心勢力として40年代後半から世界選手権(男女)で実績をあげていたが1990年独立、92年国際ハンドボール連盟へ加盟、96年アトランタオリンピック、03年世界選手権、04年アテネオリンピックでいずれも男子が優勝を飾り実力の高さを示した。女子で03年世界選手権を、男子も09年1月に第21回大会を開いた。独立した最初の記念すべき国際試合(男子)が首都ザグレブで91年1月14日、日本を相手に行なわれた(23-23の引き分け、日本側はクロアチアを地域選抜として扱い公式国際試合としなかった)。

クロスバー

ゴールの2本のポスト(支柱)を水平に連結させる横木(バー)。

クロス方式

予選リーグの順位を参考にトーナメントを組む場合、A組1位-B組2位、B組1位-A組2位のように各組を交差させる方式。「たすきがけ」ともいわれる。

クロスパス

攻撃側の選手が交差しながら行なうパス。守備側を幻惑させる狙いもあり、スクリーンプレーと同型。

キュー

きっかけ、合図。スポーツ(ハンドボール)場では試合開始を放送時間に合わせるため、放送関係者がレフェリータイムキーパーに合図することを指す。「キューを送る」などと使う。一般的にテレビ、ラジオ用語。

カップ戦

日本の勝ち抜き戦トーナメント)のようにナックアウトシステムで勝者を決めていく大会方式。現在では全組み合わせを同時に決めることが多いが、1ラウンドが終わるたびに次の対戦相手を決める抽せんが行なわれ、その札(カード)が優勝カップに入れられたことから、このように呼ばれはじめたという。ヨーロッパの大会は総当たり戦(ラウンドロビン)が主流だが、カップ戦はレベルが下位のチームも参加するケースが多く独特の雰囲気と注目が集まる。ヨーロッパでは総当たり戦より大会としての評価は一般的に低い。

カット

射たれたシュートを阻むプレーと相手のパスを横から奪いとるプレーがある。後者はパスカット、インターセプトと同型。

カットイン

ブレーキングスルーの代表的な攻撃プレー。ゴール方向に相手の守備の中へ切りこむこと。

カットアウト

カットイン(=前掲)に対して、相手のゴールを背に外側へ離れていく動作。

カットインシュート

Cut in shoot。相手ディフェンスをかわしながら切り込み、思い切ったジャンプからシュートを放つ個人攻撃法(スポーツイベント2012年9月号に技術解説)。